tochuonken 都中音研 HOME header_img
tochuonken 都中音研 HOME 研究内容 専門研修 会報ストレッタ STRETTA お問い合わせ リンクページ
研究主題
授業研究
研究大会
資料集
  title1  
 

令和2年度 東京都中学校音楽教育研究会


■研究主題
『体的・創造的に表現・鑑賞し、
 音楽文化の理解を深める授業を目指して』

〜鑑賞の授業における、
  新しい学習指導要領に即した指導と評価の一体化の工夫〜


来年度より全面実施となる学習指導要では、改訂の基本的な考え方は
以下のように述べられています。
・感性を働かせ、他者と協働しながら、音楽表現を生み出したり
 音楽を聴いてそのよさや美しさなどを見出したりすることができるよう、
 内容の改善を図る。
・音や音楽と自分との関わりを築いていけるよう、生活や社会の中の音や音楽の働き、
 音楽文化についての理解を深める学習の充実を図る。

また、育成を目指す資質・能力を
ア「何を理解しているか、何ができるか(生きて働く『知識・理解』の習得)
イ「理解していること・できることをどう使うか(道の状況にも対応できる
 『思考力・判断力・表現力等』の育成)
ウ「どのように社会・世界と関わり、よりよい人生を送るか
 (学びを人生や社会に生かそうとする『学びに向かう力・人間性等』の涵養)
 とし、教育課程全体を通して目指すものとしています。

以上の改訂の趣旨をもとに、都中音研では音楽科に求められているものは
1.感性を働かせ、他者と協働しながら、音楽表現を生み出したり音楽を聴いて
  そのよさや美しさなどを見出したりすることができる授業。
2.音や音楽と自分との関わりを築いていけるよう、生活や社会の中の音や音楽の働き、
  音楽文化についての理解を深める授業。であるとして、研究を続けてきました。

今回の学習指導要領改訂にともない、4観点であった音楽科の学習評価が
『知識・理解』『思考力・判断力・表現力』『主体的に学習に取り組む態度』の3観点に整理されました。そこで今年度は、研究主題は昨年のものを継続し、副主題として「鑑賞の授業における、学習指導要領に即した指導と評価の一体化の工夫」としました。これは学習指導要領の全面実施を前にして原点に戻って研究をすすめることが必要と考えたものです。
具体的な研究内容は


・ 学習指導要領の具体的な内容の理解と、評価についての基礎研究。
・ 学習指導要領改訂の重点である「主体的・対話的で深い学び」の視点を中心とした、
 「学習内容のまとまり」と「評価の観点」がつながる授業づくり。


として、授業の提案をいたします。
また、昨今の社会情勢により、タブレットなど ICT 機器が活用できる環境が整えられることも考えられるため、「主体的・対話的」について新しい手立てが生まれる可能性や、従来にはない新しい授業形態で行う授業なども想定されます。それらも必要に応じて検証していく予定です。

基本方針ページもあわせてご覧ください。

 
     
  topBack  

 

Copyright (C) 2011 TochuOnken All Rights Reserved.